対策について

ブラシ

自分でできる対策

髪の毛は、本来なら一定の周期で抜けて、また生えてくる、ということを繰り返していくのですが、AGAの人は、産毛のような短くて柔らかい毛のまま成長が止まったり、抜け落ちたりしてしまい、薄毛になっていくのです。放置しても決して良くなることは少ないので、自分でできる対策をしておきたいものです。まず、頭皮の血行が悪いのは、決して髪の毛にとって好ましい状態ではありませんので、冷えは大敵となります。よく帽子は蒸れるので良くないと言われますが、数時間程度ならば問題はなく、むしろ温めることができ、毛のない部分が冷えるのを防ぐことができるのです。また、首にある太い血管を温めることで、同時に頭にも温かい血液が流れて良いです。

専門家に頼る

早い人だと、二十代半ばあたりから、AGAだと自覚することもあるようです。育毛剤、シャンプーといったものを使ってみたこともあるのかもしれませんが、もしもそれでAGAを改善できないのなら、専門の施設に行って相談してみてはどうでしょうか。できれば、いきなりAGA治療を始めてしまうようなところより、カウンセリングをしてくれて、しっかりと説明を受けられるクリニックを選びましょう。人によっても状態が違うので、治療法はもちろん、使う薬にも異なるためです。不安があるなら、インターネットの口コミサイトを利用してみると良いですし、中にはAGAについて、無料で相談できることもあるので、一人で悩んでいるのなら、頼ってみましょう。

Copyright© 2017 人気の植毛治療で薄毛を解消|失敗しないためにも口コミが役立つ All Rights Reserved.