薄毛や抜け毛を改善する薬

髪を洗う人

人気の薄毛内服薬

AGAの治療でよく使用されているのがプロペシアです。プロペシアはAGA外来があるクリニックならどこでも処方している、とても有名な薄毛治療内服薬です。プロペシアは商品名で、本来はフィナステリドという名前を持っています。フィナステリドはもともと前立腺の病気のために開発された薬でした。臨床実験の過程で全身の体毛が濃くなるなどの発毛効果が認められ、AGA治療薬として販売されました。プロペシアを服用した8割以上の人が、「抜け毛が減った」「髪の毛が増えた」などの効果を実感しています。しかし、効果が出るまでに個人差があります。髪の毛にはヘアサイクルがあるため、しっかり効果が分かるまでに1年以上継続して飲み続ける必要があります。

抜け毛が増える原因

髪の毛にはヘアサイクルというのがあり、2年〜7年くらいの周期で成長したり抜けたりを繰り返しています。一日で抜ける髪の毛は、正常な状態でも100本ほどです。そして毎日100本の髪の毛が新しく生えてきます。抜け毛はどんな人でも必ず起こる症状ですが、男性ホルモンがヘアサイクルを乱してしまうと、抜け毛がおこる周期が早くなります。そして新しい髪の毛も生えにくくなります。そして徐々に髪の毛が薄くなっていきます。こうした薄毛の症状をAGAといいます。AGAを改善したいなら、男性ホルモンを抑える治療を受ける必要があります。プロペシアは男性ホルモンを抑止する有効成分で出来ているため、よく病院で処方されています。そのため、必要であれば医療機関に受診してみると良いでしょう。

Copyright© 2017 人気の植毛治療で薄毛を解消|失敗しないためにも口コミが役立つ All Rights Reserved.